保険会社に任せる

後遺症認定というのは、被害者自身で行う方法もあるのですが、加害者が加入している保険会社に任せるという方法もあります。この方法を事前認定と呼んでいるのですが、基本的な流れはどちらも殆ど同じです。手続きの開始方法は、医師から症状固定という診断を受けたところから開始されるのですが、この事前認定の方が手続きが比較的楽になるという特徴があります

被害者請求を行う場合には、必要な書類などは自分で集めて提出するようになるのですが、事前認定の場合には、症状固定の診断を受けて診断書を貰うことで、後は全て保険会社が行ってくれるのです。そのため、後遺症の症状が重い場合や、1人暮らしで頼れる家族がいないという場合には、この事前認定が便利だと言えるでしょう。後の流れは被害者請求の場合と一緒になります。

このような流れで後遺症認定をしてもらえるということが分かったでしょうか。しかし保険会社よりも弁護士に相談をすることで、交通事故後遺症の認定方法なども詳しく説明してもらえるでしょう。また、慰謝料金額も大幅にアップする可能性もあります。もちろん交通事故で入院や通院の必要があった場合でも、後遺症認定を必ず行ってもらえるというわけではありません。なぜならなんでも後遺症だという理屈が通ってしまえば、被害者の多くは加害者に対して後遺症だということを理由に慰謝料の請求を行うからです

自身で手続きをする

後遺症の認定を行う場合には、自分自身や自分の家族などが行うことも可能です。これを被害者請求と呼んでいるのですが、比較的この方法で後遺症の認定を行う人も多くなっています。では、どのようにして認定をしてもらうのでしょうか。まずは認定に必要な書類が必要になるので、必要な書類を集めておきましょう。必要な書類は、交通事故が原因で後遺症になったという診断書です。

これを後遺障害診断書と言います。この後遺障害害診断書を保険会社に提出することで、認定をしてもらうことができるのです。これに対して保険会社側は、損害保険料率算出機構というところに必要な書類を送付し、審査が行われます。審査を行って問題なければ保険会社の方に審査の結果が報告されるのです。この結果によって、後遺症であることが認定されるか認定されないか決まってくると言えるでしょう。

この審査結果によって、保険会社が後遺症の等級を認定するのです。認定されれば保険会社の基準によって、慰謝料が支払われることになるのですが、保険会社基準は任意保険と自賠責保険では異なっています。自賠責保険の基準は最も低くなっているので、できれば任意保険基準にした方がよいでしょう。また、裁判基準であればもっと高い慰謝料の請求が可能になります。

後遺症の認定

交通事故で大きな被害を受けた場合、しっかりと治療を行っても後遺症が残る場合があります。このような場合には、慰謝料を請求することができるのですが、ただ後遺症が残ったから慰謝料を支払ってほしいと加害者に言っても、支払ってもらえる見込みはないでしょう。では、どのようにして支払ってもらうのかというと、まずは後遺症が残ってしまったことや、交通事故が原因であることを証明してもらう必要があります。そのためには医師の診断書が必要になります。

また、請求は加害者ではなく、保険会社に行うようになるので、保険会社に対して後遺症であることの証明や、間違いなく交通事故が原因であることを証明するようになるでしょう。その上で慰謝料を請求するようになるのですが、この後遺症認定がとても難しくなっているのです。なぜなら交通事故が原因であるという証明が難しくなっているからなのですが、必ずしも交通事故が原因だとは限りませんし、別の病気が原因である可能性もあります。

このようなトラブルが発生しないためには、まず弁護士への相談が欠かせません。弁護士に相談をして、どのようにして後遺症認定をしてもらえばよいのかを聞いておくことが重要になります。もちろん弁護士は交通事故に関することに詳しく、経験が豊富でなければいけません。そうしないと後遺症認定がスムーズに行われなくなることもあるのです。当サイトでは交通事故による被害で、後遺症になった場合の認定方法などについて紹介しています。